カードローン審査で落ちたら確認する3つの点について

もし審査に通らなかったら・・・以下の点を見直してみてください。

カードローンに無事通過するための基本の部分です。まず、個人情報は正直に答えていますか?
虚偽が発覚すると、審査がマイナスに働きます。当たり前ですが、すべて真実を述べるようにしてください。

2つ目は、融資に積極的な業者を選んでいますか?積極的な業者というのは、どちらかと言うと審査が甘い場合が多いです。業者から見れば、顧客獲得のチャンスになるので当然ですね。相手も積極的に顧客獲得に動いて いるため、借り入れがしやすくなります。

3つ目は、他社からの借り入れについてです。他社借り入れに関しては、銀行系が有利です。銀行は貸金業の規制がかからないので、審査をクリアしやすい傾向です。また、年収が影響を及ぼすとも言われますが、ネックになるのは申し込み金額の範囲であって、審査とは直接関 係しないように思われます。

重要なのは毎月安定した収入を得ているかどうかなので、額をあまり気にする必要はないでしょう。借り入れる方は中小企業のサラ リーマンが中心なので、勤務地の規模などは心配いりません。

カードローン審査あるある記事

  • 審査に落ちやすい理由
  • カードローンの審査に落ちてしまうととても不安な気持ちになってしまいますよね。
    でも、どうして審査に落ちてしまうのでしょうか。
    「誰でも必ず審査に通る方法」はないのですが、審査に落ちやすい理由を調査しカードローンが組めるようにしたいものです。

    まず一番に注意することが、もうすでに借りすぎてしまっている場合です。現時点で4社以上から借り入れがある場合や、年収の3分の1以上お金を借りている場合は、他のカードローンの審査に通るのは難しいでしょう。この場合は債務整理を考えましょう。
    そして過去3ヶ月以内はクレジットカードや他社のカードローンの支払い遅れや滞納がない状態にしておいて下さい。

    2つ目は短期間で何度もローンを申し込むことです。1ヶ月以内でいくつも審査を受けて落ちてしまうと「申し込みブラック」と呼ばれてしまいます。基準はまちまちですが、4社以上断られると呼ばれてしまうようです。
    ですので借り入れの申し込みは1ヶ月で3社までにし、すべて断られてしまったら、消費者金融系は1ヶ月、それ以外は3ヶ月以上の期間を空けて、別会社にチャレンジしてみて下さい。

    3つ目は申し込みの際に、限度額を高く設定している場合です。
    カードローン会社としても高額を貸すのはやはり躊躇してしまいます。初めから高額の申し込みだと落としてしまうでしょう。審査のときは低額で申し込んでおき、審査に通ってから限度額の相談をしたほうが確実でしょう。

    カードローンが確実に組めるように、これらの注意点に気をつけて申し込んでみましょう。


    ミュゼ仙台
    脱毛ラボ
    アヤナス

  • 借入の申し込み時に必要な物
  • 消費者金融のキャッシングをはじめて利用する際、借り入れに必要なものってわかりませんよね?

    一発で審査を通るためには、これらのものを準備しておくことも大切です。


    毎日、人間が生活をしていく上で必要不可欠な物としてのお金ですが、消費者金融でお金を借入する機会は案外多いかもしれません。人生においては、ここぞといった時にお金を用意する必要性に迫られることもあるのが現実です。

    以前は、消費者金融会社の窓口に出向いて、そこで対人の対応でお金を借りる契約をすることが多かったです。しかし現在では自動契約機も普及しているため、気軽に消費者金融の自動契約機の前に出向いて、お金を借入するためのカードを制作することが可能となっています。

    ただ消費者金融でお金を借入するための必要な物についても、対人であろうと自動契約機であろうと変わらないのが共通しています。そして、お金を借入するための必要な物としては、本人確認資料が必要です。主にそれについては、自動車免許、パスポート、保険証等になります。

    その他に必要な物としては、最近は貸金業法の改正によって年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないとする規制がなされたことによって、年収を証明する物が必要です。具体的には、会社員であれば源泉徴収票、三か月分の給与明細書で、自営業の場合であれば、確定申告で提出した書類です。

    また契約書には印鑑を押下する必要性もあるため、印鑑も必要です。結論として、消費者金融会社にお金を借入するための契約を行うためには、本人確認資料、所得証明書、印鑑の三つが必要となります。

    このキャッシングの借り入れで必要なもの3点は、かならず用意しておきましょう!

  • 銀行系カードローンの審査
  • 審査は慎重に!最終確認も忘れずに
  • 審査を華麗に通過しよう
  • もう審査に落ちたくない